安心の備えのために防犯カメラの設置をおススメする8つの理由!防犯カメラで安心安全に暮らしを守ろう

「防犯カメラって大袈裟じゃないの?」

「盗まれるものはないし・・」

「マンションの一室がオフィスだから必要ないでしょう」

様々な理由で防犯カメラを設置していない方も多いでしょう。

また、防犯カメラは必要ないと思っている方も多いのではないでしょうか?

防犯カメラは「いざ」という時のために必要なだけではありません。

昨今増えている訪問詐欺やイタズラからも大切な家族や社員を守れるというメリットもあります。

この記事では、防犯カメラを設置することで得られるメリットを8つご紹介します。

また、防犯カメラを設置するために必要な工事と注意点もお伝えします。

防犯カメラのメリットを知ることで、安心安全な生活のお手伝いができたら嬉しいです。

この記事の監修者

株式会社 林田電気工業

林田竜一

代表取締役

1級電気工事施工管理技士

行橋市で電気工事会社を経営しています。お客様ひとりひとりに丁寧に対応し、電気でつなぐ明るい未来をスローガンに地域に貢献できるように努めています。

防犯だけじゃない!防犯カメラを設置するメリット8つ

防犯カメラというと「大袈裟な」と身構える方もいらっしゃいます。

しかし、防犯カメラは犯罪抑止だけではなく、大切な家族やペット、社員を守るためにも大きな役割を担ってくれます。

メリット1|犯罪やいたずらを未然に防げる

防犯カメラは、犯罪やイタズラを監視する役割を担っています。

空き巣や盗難は、防犯カメラが設置されていない家や店舗・オフィスを中心に被害にあう傾向があります。

犯罪やイタズラは、私たちの常識の範疇外で起きます。

我が家は絶対に大丈夫。

うちの会社は平気だろう。

そんなことがあり得ないのが現状です。

防犯カメラが設置されていることで「見られている」という心理的効果が働きます。

そのため、防犯カメラを設置することで犯罪やイタズラを未然に防ぐ効果が期待できます。

実際に繁華街や街中に防犯カメラを設置しただけで、犯罪率が急激に下がったという統計もあります。

参考:福岡県警察|繁華街に設置された街頭防犯カメラの効果検証

https://www.police.pref.fukuoka.jp/data/open/cnt/3/1005/1/03amemiya.pdf?20190327181912

防犯カメラは設置しているだけで犯罪やいたずらへの抑止力としても効果的です。

メリット2|犯罪を記録して解決につなげる

犯罪の瞬間をリアルタイムに記録できます。

防犯カメラの本領発揮のメリットとも言えます。

近隣で犯罪が発生し、犯人が逃走している際には「どちらに逃走したのか」が映っている場合もあります。

万が一犯罪が起こってしまった際に、防犯カメラの映像は重大な証拠となります。

メリット3|トラブル発生時に状況検証ができる

店舗やオフィスにおいて防犯カメラはお客様と店員・スタッフのトラブル発生時の状況検証にも役立ちます。

また、家庭でもトラブルが起きた際には重要な身を守るためのツールとなります。

マイク機能付き防犯カメラの場合は、悪質なクレーマー対応にも効果的です。

「言った・言わない」「やった・やっていない」の言い合いにも役立つでしょう。

近年はX(Twitter)に迷惑な行動を投稿し社会問題となることも増えました。

防犯カメラの設置は、従業員のモラル向上にもつながります。

メリット4|問題行動を防ぎ、マナーを向上できる

社員のマナーやモラルの向上に繋げることができるだけでなく、防犯カメラ設置により社員を守ることができます。

見られているかもしれない。

そんな意識が芽生えるだけでもパワハラ・セクハラの防止に役立つと言われています。

また、もしものトラブルが起きた際にも公平に判断することができます。

ただし「監視されている」と思いが生じないための工夫と気配りが大切になります。

メリット5|子供やお年寄り、ペットを見守れる

玄関に防犯カメラがあると、家にいるお年寄りや子供を見守ることもできます。

家の周りのイタズラだけでなく、家へ出入りした人も確認できるからです。

家族の安心安全を守るために防犯カメラはとても大きな効果を発揮してくれるでしょう。

メリット6|従業員の内部からの不正を防げる

会社や店舗にとって従業員やスタッフの不正は避けたい問題です。

信頼して雇ってるから大丈夫!

そう、信じたい気持ちもわかります。

しかしいざ何かが起こった時に、適切に判断をするためにも防犯カメラは、社員やスタッフを平等に見ることができる重要なツールとなります。

メリット7|仕事の効率化や環境改善に役立つ

防犯カメラは犯罪防止のためにあるわけではありません。

例えば店舗に設置し人の動きを確認することも重要なメリットの一つです。

また、会社などで人の流れや動きを確認し分析することで、無駄のない作業工程を構築するヒントを得ることができます。

また、万が一事故が起こった場合状況を正しく把握することで再発を防ぐことができます。

メリット8|外出先でも見守ることができる

ネットワーク機能のある防犯カメラであれば、遠隔からでも確認することが可能です。

外出先でも家や会社の出入りの状態がすぐに確認できます。

最近は遠くに住む高齢のご両親の安全のために室内カメラを設置して遠隔で見守るシステムも多く取り入れられています。

また、ペットの安全安心のために室内カメラを設置するケースもあります。

室内カメラと防犯カメラは名称は違いますが、機能や役割は同じと考えて良いでしょう。

知っておきたい!防犯カメラの設置工事

防犯カメラの設置は具体的に次のような工事が必要です。

  • ①カメラの取り付け工事
  • ②カメラの電源線配線工事
  • ③カメラ同軸線LANケーブル配線工事
  • ④配線を保護隠蔽する配管工事
  • ⑤カメラ配線の取り込み工事

ネットで防犯カメラも買えるから自分でやってみようかな。

そんな方もいらっしゃるかもしれません。

YOUTUBEでも防犯カメラ設置のDIY動画は多くアップされています。

しかし、ここで気をつけていただきたいのが、電気配線の工事には電気工事士の資格が必要だということです。

電気工事士の資格を有していない人が電気配線工事を行うと法律で罰せられます。

それだけでなく、配線工事は感電の危険性も高い危険な工事です。

防犯カメラ設置経験のある電気工事業者に相談・依頼することがおすすめです。

防犯カメラの設置は設置経験のある業者がおすすめ

防犯カメラの設置は、防犯カメラの設置経験のある電気工事業者に相談されると安心です。

防犯カメラの設置はただ付ければ良いというものではありません。

設置箇所によっては、映像がわかりにくくなり、証拠としても使えないものになります。

配線が露出している場合はケーブルを遮断されてしまう危険があります。

機器の性能を理解せずに設置をすると、光の取り込み具合によっては逆光になります。

人の顔や特徴も黒くなり認識できなくなってしまいます。

このような事象を防ぐために、経験のある工事業者に相談されるのがベストと言えます。

ポータブル防犯カメラの注意点

昨今は、工事不要のポータブル防犯カメラもネットで手軽に購入できます。

そのため、屋外にもポータブル防犯カメラを設置しよう!

というお話を耳にすることが増えました。

ポータブル防犯カメラは配線が不要のため、簡単に取り付けができるのがメリット。

しかし、配線がないため手軽に取り外せてしまうというデメリットもあります。

配線不要な防犯カメラはWi-Fiを利用して映像データを送る仕組みが多いです。

屋内の見守りのための場合なら問題は少ないでしょう。

しかし、屋外で防犯カメラとして使用する場合には不安があります。

Wi-Fiのジャミング装置(電波妨害)装置が存在します。

企業の研究所や試験のカンニング防止のために使われる装置です。

犯罪を犯す際に、ジャミング装置を使い周囲のWi-FiやBluetoothを遮断する事象もあります。

防犯カメラに映像は一切残らないのです。

もちろん、違法行為です。

ですが、泥棒には関係ありませんよね。

防犯カメラのメリットと設置の注意のまとめ

防犯カメラは監視カメラ、見守りカメラとしての用途も果たしてくれます。

防犯カメラは犯罪やイタズラが起こった時の証拠としてだけの効果だけではありません。

犯罪やイタズラへの抑止力ともなります。

一般家庭やオフィスにあると、見守り機能の役目も果たしてくれます。

また、防犯カメラはネットショップなどでも手軽に購入することができます。

昨今はWi-Fi機能の備わったポータブル防犯カメラもあります。

それぞれの利点や注意点を参考に適切な場所に適切に設置しましょう。

電気配線も必要になるため、防犯カメラの設置は設置経験のある電気工事業者へ相談するのが安心です。

防犯カメラを効果的に活用して、家族やペット、社員やスタッフを守りませんか?

林田電気工業へのお問い合わせ